水虫は薬を用いて完治を目指そう~皮膚科ケアネット~

医療機関を利用する

靴

水虫は手にもできることがある

水虫は、年配の男性に多いというイメージがある病気です。そもそも水虫は、白癬菌という真菌が皮膚に寄生することによって起こる症状です。本来には足の爪に発症するものですが、近頃では手の爪に発症するケースが多いです。手にできる水虫の症状は、まず手の皮膚が角質肥厚を起こして皮が剥けていきます。さらに症状が進むと、皮膚に水疱ができて膨らみ腫れてきます。また、ひどくなるとひび割れて、強い痛みが起きます。なぜ手に水虫が発生するかというと、ほとんどの場合、足の水虫から感染するからです。爪を切る時やお風呂場で体を洗う時に、足に直接触れる機会は多いです。その時に、手に白癬菌が付着して感染します。その他にも、犬などのペットから白癬菌がうつり、手水虫になる例もあります。

効果があるとされる治療方法とは

手水虫の治療方法は、足にできるものと同じで、外用薬を塗ることで治療が行えます。治療薬は、必ず病院で処方してもらうことが最適です。ドラッグストアでも、たくさんの種類の薬が販売されています。しかし、水虫の症状も患者によっていろいろなので、どの薬が自分に適しているか判断でできません。なので、皮膚科で医師に診察してもらって、自分に合う薬をもらうことが大事です。水虫の塗り薬の正しい使い方は、必ず手を清潔にしてから塗ることです。また、手に水虫がある場合は、足も同時に発症していることが多いです。なので、どちらも同時に治療することを忘れないほうが良いです。また、完治するまで長いので根気よく治療を続ける事が大事です。

女性でも安心出来る

医者

重い荷物を運ぶ他にも、便秘など様々な原因で痔になってしまうことはあります。そのため女性でも痔になるのですが、皮膚科でも治療は行なえるので周囲の目を気にせず足を運ぶことが出来ます。

Read More...

色々な種類がある

靴

水虫を治すには薬を使用するのですが、薬にも様々な種類が存在します。市販でも色々な種類の薬を購入することが出来るのですが、自分に適した薬を使用するためにも皮膚科で処方してもらうことが大切です。

Read More...

利用しやすい環境

困った顔の男性

気軽に利用しやすい環境づくりを大阪の皮膚科は行なっています。肌の悩みは人それぞれで変わってくるので、しっかりとカウンセリングをした上で改善方法を医師と相談して決めると良いです。

Read More...